鼻のコンプレックス解消

顔の手入れ

鏡を見るたびに気になる鼻。高さや大きさ、その形状など、人によってさまざまですが、鼻に関するコンプレックスは結構見られるものです。そんな鼻を美しくするための方法が、鼻整形です。もっとも鼻整形といっても、その種類はいろいろあります。本格的な方法としては、プロテーゼを利用する鼻整形が有名ですが、他にもヒアルロン酸を注入するというお手軽な方法もありますし、鼻を高く見せる隆鼻術をはじめとして、団子鼻をシャープにする鼻先修正や大きな鼻を小さくする小鼻縮小、鷲鼻矯正などの鼻整形もあります。また最近では技術の進化に伴って手術時間も短縮していますし、手術後の腫れを最小限にとどめて抜糸が必要ないケースなどもあります。さらにヒアルロン酸の整形の場合、注射器による注入なので料金も他の方法よりもリーズナブルですし、メイク感覚で簡単に利用可能です。ただし美容整形を実行する際には、あらかじめクリニックの情報をしっかり仕入れ、経験豊富な医師がいて信用できるところを選ぶように注意しましょう。格安料金を提示しているからといって、それだけでクリニックを選んでしまうと、医師の経験不足によるトラブルが発生したり、ヒアルロン酸の成分に余計なものが含まれていて、副作用が出てしまうなどといったケースもあります。

短期間で確実な効果を得たいならば美容整形が一番ですが、手術は怖いしお金もないという場合には、時間や根気が必要となりますが、セルフケアでもそれなりに鼻を美しくするための方法というものは存在します。まず鼻が低いことがコンプレックスの場合は、軽く指先で叩いて刺激することで高くなることがあります。また鼻の筋肉を鍛えることでも効果がありますし、他にも冷たい水で筋肉を引き締めたり、鼻うがいで余計なものを洗浄すると、小鼻効果が高まります。さらに鼻の軟骨を変形させるという方法もあります。この方法は鼻を高くするための王道とも呼べる方法であるノーズクリップを使用するのが簡単です。ちなみにノーズクリップに関しては、軟骨変形以外にも鼻の穴を小さくしたりする効果も見込めます。また鼻をつまむだけでもある程度の効果がありますが、継続してつまみ続けることはやはり難しいので、そういった場合はノーズクリップを使用した方が簡単です。さらに鼻ではなく、周囲の顔の表情筋を鍛えることで、鼻を上の方へ引っ張ったり、小さくするといった効果が見込めることもあります。このようにセルフケアでも、頑張って時間をかけて続けることで、鼻を高くしたり小さくすることも不可能ではありません。しかしこれらを実行しても効果が見込めない場合は、最終手段として美容整形を利用しても良いでしょう。